CFA Institute、投資家向けDEIコードを発表

CFA Institute、投資家向けDEIコードを発表

世界的な投資専門家団体であるCFA協会は、米国とカナダにおける投資家のための新しい自主的なダイバーシティ・エクイティ・インクルージョン(DEI)コードを発表し、投資業界におけるDEIの改善・追跡・報告のための一連の原則に取り組むよう呼びかけた。

CFA Instituteによると新しいDEIコードは、「優秀な人材からより幅広い視点を取り入れることにつながるDEIコミットメントを促進し、投資成果や労働環境の改善につなげることを目的としている」という。本コードの目的は、業界におけるDEIの現状を定義し、企業が実施すべき主要な原則を定義し、進捗状況を報告するための指標ベースの報告フレームワークを提供することだ。

CFAインスティテュートのマーガレット・フランクリン社長兼CEOは、この規範はまず米国とカナダで展開されるが、将来的には他の市場にも拡大することを目指していると述べた。

この自主規範の署名者は、署名後2年以内に、採用されたDEIポリシーとステートメントの提供、シニアリーダーのオーナーシップと監視ガバナンスプロセスの確立、組織の人材プロセスおよびポリシーにDEIを組み込むための実施計画の策定などの一連の行動を約束する。この規範は、署名者が従うべき一連の重要な原則を定めており、多様な人材パイプラインの拡大、包括的で公平な採用・入社・昇進・定着の実践、投資業界におけるDEIの推進、組織におけるDEI成果向上のための進捗状況の測定と報告などが含まれている。

このコードの原則は、CFA Institute Diversity、Equity & Inclusion Steering Committeeのメンバー、DEIの実務家、State Street Global Advisors、CalPERS、Columbia Investment Management Company、Northern Trust Asset Managementなどの投資専門家からなるDEIコードワーキンググループによって2年間かけて作成された。

【参照ページ】
(原文)CFA Institute Launches Diversity, Equity, and Inclusion Code for the Investment Profession in US and Canada
(日本語訳)CFA Institute、投資家向けDEIコードを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る