セインズベリー、EV充電事業「Smart Charge」を開始

セインズベリーが電気自動車(EV)充電事業「Smart Charge」を開始

1月12日、英国の小売大手セインズベリーは、EV充電事業「Smart Charge」を新たに開始することを発表した。本プロジェクトでは、同社の小売店100店舗以上に、超高速充電が可能なEV充電スタンド750基以上を設置する計画である。

セインズベリーは、英国のリサーチCensuswideに委託した調査によると、EVユーザーの80%が、公共のEV充電ステーションでの充電を避けるために長距離移動を控えていると回答している。主な不満として、充電スタンドが壊れている(40%)、充電スタンドの数が少ない(36%)、充電速度(33%)が挙げられている。

調査によれば、回答者の32%は、まだ超高速充電の利便性を享受できておらず、公共の充電ステーションで待たされることも不満としていた。また、EVユーザーの94%が、信頼性のある1つのブランドのEV充電ステーションを利用したいと希望している。

セインズベリーは、こうした課題に対応するために、2024年末までに100店舗以上に750基以上の超急速充電対応のEV充電スタンドを設置する計画である。これにより、超高速EV充電プロバイダーとして英国トップ5にランクインする見込みで、買い物中にEVを充電でき、フル充電までの所要時間も30分となる。すでに同社は、小売20店舗以上で約200基以上のSmart Chargeを展開し、24時間365日充電サービスを提供している。

【参照ページ】
(原文)Sainsbury’s launches Smart Charge: new ultra-rapid service to build confidence in public EV charging
(日本語参考訳)セインズベリー、EV充電事業「Smart Charge」を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る