Tesco、沿岸部から回収した廃棄プラスチックを鮮魚の包装に使用

1月24日、英小売大手Tescoは、地中海沿岸で回収したプラスチック廃棄物を回収・リサイクルし、Tescoの鮮魚包装に再利用する取り組みの開始を発表した。

沿岸から回収したプラスチックを30%以上使用した新しいパッケージへの移行により、毎年約500トンのバージンプラスチックを排除できる見込みである。

プラスチックはまず、ビーチクリーンアップのボランティアグループ、地方自治体、非営利団体、民間企業など、地中海沿岸の回収業者のネットワークによって回収される。その後、廃棄物のうちPETの部分は慎重に選別、粉砕、洗浄、リサイクルされ、再び食品用の包装材料になる。

オラクルのブロックチェーン技術によってカスタマイズされたブロックチェーンプラットフォームを通じて、環境NGO Keep Sea Blueがプラスチックの循環性を監視・認証し、材料の完全なトレーサビリティを確保している。

【参照ページ】
(原文)Tesco to use discarded plastic collected from coastal areas in fresh fish packaging
(日本語参考訳)Tesco、沿岸部から回収した廃棄プラスチックを鮮魚の包装に使用

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る