Nasdaq 、企業および投資家向けにESGデータおよびレポーティング・ソリューションを発表

Nasdaq 、企業および投資家向けにESGデータおよびレポーティング・ソリューションを発表

9月20日、資本市場テクノロジーおよび取引所企業であるNasdaqは、企業および投資家向けに、サステナビリティ・データの収集・測定・報告プラットフォームであるナスダック・メトリオ(Nasdaq Metrio)と、ポートフォリオインパクトの透明性ソリューションであるイーベストメントESGアナリティクス(eVestment ESG Analytics)を含む、2つの新しいESGデータ提供を開始すると発表した。

Nasdaq Metrioの立ち上げは、昨年Nasdaqがモントリオールを拠点とするESGレポーティング・ソフトウェア・プロバイダーのメトリオを買収したことに続くものである。NasdaqのESGデータ管理ソリューションOneReportとメトリオのテクノロジーを組み合わせた新プラットフォームは、企業が投資家レベルの監査済みESGデータを収集、測定、開示、伝達し、ESGフレームワークをナビゲートし、格付け機関、監査人、投資家、その他の利害関係者とデータを共有できるようにすることを目的としている。

Nasdaq Metrioはまた、企業がスコープ1、2、3の排出量データを管理するための新しい炭素会計・管理商品も提供している。

eVestment ESG Analyticsは、アセットマネージャーがポートフォリオのESGインパクトを定量化し、伝達すること、またアセットオーナーがアセットマネージャーの方針と投資成果を比較し、アセットマネージャーがESG投資方針に従っていることを確認することを支援するよう設計されている。Nasdaqによると、このサービスはナスダック・ベンチャーズのポートフォリオ企業であるマターを含むESGデータ・プロバイダーから入手したアルゴリズムとデータを活用している。ナスダックは2020年にコペンハーゲンを拠点とするマターに投資し、資産運用会社や個人投資家向けのESGポートフォリオ分析で同社と協力してきた。

【参照ページ】
(原文)Nasdaq launches comprehensive ESG data and reporting platforms
(日本語参考訳)ナスダック、包括的なESGデータとレポーティング・プラットフォームを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る