米財務省、金融機関によるネット・ゼロ・コミットメントの原則を発表

米財務省、金融機関によるネット・ゼロ・コミットメントの原則を発表

9月20日、米国財務省は、ベストプラクティスを確立し、民間金融機関がネット・ゼロ・コミットメントを実施・追求する際の一貫性と信頼性を促進することを目的とした、新しい「ネット・ゼロ・ファイナンスと投資のための原則」を発表した。

自主的な原則である新原則は、金融機関の温室効果ガス(GHG)排出量の大部分を占めるスコープ3に焦点を当てている。

本原則の公表を発表した財務省の声明によると、気候危機を契機とした「大規模な経済シフト」が進行中であり、その結果、温室効果ガス(GHG)排出削減技術、商品・サービス、クリーンエネルギー、気候適応ソリューションに対する需要が、セクターを超えて高まっている。こうしたシフトが新たな産業やビジネスモデルの成長に拍車をかける一方で、こうした新産業の構築には、「この新たなクリーンエネルギー経済を構築する企業や人々に、資本や専門知識をより多く配分する民間金融システム」が必要となる、と財務省は付け加えた。

公表された9つの原則は、金融機関が設定するネット・ゼロ目標は、世界の平均気温の上昇を1.5℃に抑えるという目標に沿ったものであるべきであり、目標にはネット・ゼロ移行計画を伴うべきであることを定めている。また、金融機関は、関連するすべての融資、投資、アドバイザリーサービスについて、信頼できる指標と目標を設定すること、顧客や投資先企業とのエンゲージメント慣行をネット・ゼロのコミットメントと整合させること、目標とそれに対する進捗状況について透明性を確保することを指針としている。

【参照ページ】
(原文)Treasury Releases Principles for Net-Zero Financing & Investment, Applauds $340 Million Philanthropic Commitment and Other Pledges
(日本語参考訳)財務省、ネット・ゼロの資金調達と投資に関する原則を発表、3億4,000万ドルの慈善活動へのコミットメントとその他の誓約を称賛

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る