比エネルギー省と世界銀行、洋上風力発電の可能性を示す新たなロードマップを発表

4月20日、フィリピンのエネルギー省(DOE)と世界銀行グループ(WBG)は洋上風力発電ロードマップを発表した。本ロードマップは、フィリピンが適切な長期ビジョン・インフラ開発・投資・政策によって40GWの洋上風力発電を設置できる可能性を示している。

本ロードマップは、フィリピンで強固な洋上風力発電産業を発展させるための可能性を、2つのシナリオに分けて示している。低成長シナリオは、DOEの国家再生可能エネルギープログラムに沿ったレベルで洋上風力を導入するためのロードマップを提供する。高成長シナリオは、競争、投資、コスト削減を促進するためのロードマップを提供する。

低成長シナリオの分析では、フィリピンは2050年までに6GWの洋上風力を導入する可能性があり、同国の電力供給の5%を占めるとされている。高成長シナリオの分析では、40GWの導入の可能性があり、電力供給の45%を占めるとされている。

本ロードマップは、2つのシナリオを実現するために、政府がステークホルダーと協力して取るべき行動の指針を示すもので、脱炭素エネルギーミックスの一環として2050年までの洋上風力の長期計画の策定、さらなる海洋空間計画による洋上風力開発区域の設定、送電や港湾などのエネルギーインフラの改善への投資、産業界や他の関連政府機関との協力関係の強化などが盛り込まれている。

【参照ページ】
JOINT MEDIA RELEASE: New Roadmap Shows Potential for 40GW of Offshore Wind by 2050 in the Philippines

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る