比エネルギー省と世界銀行、洋上風力発電の可能性を示す新たなロードマップを発表

4月20日、フィリピンのエネルギー省(DOE)と世界銀行グループ(WBG)は洋上風力発電ロードマップを発表した。本ロードマップは、フィリピンが適切な長期ビジョン・インフラ開発・投資・政策によって40GWの洋上風力発電を設置できる可能性を示している。

本ロードマップは、フィリピンで強固な洋上風力発電産業を発展させるための可能性を、2つのシナリオに分けて示している。低成長シナリオは、DOEの国家再生可能エネルギープログラムに沿ったレベルで洋上風力を導入するためのロードマップを提供する。高成長シナリオは、競争、投資、コスト削減を促進するためのロードマップを提供する。

低成長シナリオの分析では、フィリピンは2050年までに6GWの洋上風力を導入する可能性があり、同国の電力供給の5%を占めるとされている。高成長シナリオの分析では、40GWの導入の可能性があり、電力供給の45%を占めるとされている。

本ロードマップは、2つのシナリオを実現するために、政府がステークホルダーと協力して取るべき行動の指針を示すもので、脱炭素エネルギーミックスの一環として2050年までの洋上風力の長期計画の策定、さらなる海洋空間計画による洋上風力開発区域の設定、送電や港湾などのエネルギーインフラの改善への投資、産業界や他の関連政府機関との協力関係の強化などが盛り込まれている。

【参照ページ】
JOINT MEDIA RELEASE: New Roadmap Shows Potential for 40GW of Offshore Wind by 2050 in the Philippines

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る