化学大手Evonik、初の植物性プレミックスを発売

Evonik、初の植物性プレミックスを発売

2月23日、独化学大手Evonikは、同社初の植物性プレミックス「PhytriCare IM」の発売を発表した。同社は植物由来製品で母豚、産卵鶏、乳牛の健康維持を支援している。

「PhytriCare IM」と呼ばれる本製品は、フラボノイドを多く含む厳選された植物抽出物で構成されている。フラボノイドは、抗炎症作用があることで知られている。本製品はEU全域で入手可能であり、他の国での承認も開始されている。

ヨーロッパでは抗生物質の予防的使用が禁止されているため、多くの農家が家畜の健康と生産性を維持するための代替策を探している。プロバイオティクスに加え、フィトジェニックスなど、さまざまな製品クラスが確立されてきた。Evonikアニマルニュートリションは、プロバイオティクスをベースとした腸内環境ソリューションのポートフォリオに、植物由来のPhytriCare IMを追加した。

家畜は、高いストレスに長期間さらされると、慢性的な炎症を引き起こす可能性がある。免疫システムに栄養素やエネルギーが使われることで、生産効率は低下し、動物のエコロジカルフットプリントは増加する。

PhytriCare IMは、幅広いフラボノイドサブクラスをカバーする厳選された植物エキスのブレンドである。本製品は炎症反応の経路を幅広く対象にし、炎症反応を抑制するのではなく、調節することを目的としている。

【参照ページ】
(原文)Evonik launches first plant-based premix
(日本語参考訳)Evonik、初の植物性プレミックスを発売

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る