Bell、100%SAFで飛行する世界初のシングルエンジンヘリコプターを実現

Bell、100%SAFで飛行する世界初のシングルエンジンヘリコプターを実現

2月21日、ヘリコプター製造を手掛けるBell Textronは、「Bell 505」がシングルエンジンヘリコプターとして史上初の100%SAFでの飛行を実現したと発表した。Bellは、Safran Helicopter Engines、Neste、GKNAerospace、Virentの協力を得て、Bell 505の飛行を実現した。

本フライトを達成するために、Bellは、Bell 505に搭載されているArrius 2Rエンジンの製造元であるSafran Helicopter Engines、燃料システム部品のサプライヤーであるGKNAerospace、SAFサプライヤーのNeste、そして、Marathon Petroleumの子会社で再生燃料や化学物質を製造するVirentと協力した。Safran Helicopter EnginesとGKN Aerospaceは、エンジンと燃料システムコンポーネントの徹底的なテストを実施した。

NesteとVirentは、本プロジェクトに100%ドロップイン燃料としてSAFを提供するために協力した。使用済み食用油やその他のバイオベースの原料から作られるSAFは、現在の航空燃料の仕様を満たすために必要な「芳香族」という成分を含んでいないため、通常、石油製品にブレンドする必要がある。Virentは、再生可能な植物の糖から作られた芳香族成分を製造しており、これをNesteのneat SAFに添加することで、SAFを石油燃料に混合する必要がなくなった。NesteとVirentが今回のテストフライトで提供したSAFは、石油系航空燃料の「100%ドロップイン」代替品であり、エンジンの改造は必要ない。

現在、Bellの訓練機とデモ機では、SAFを使用している。本フライトは、サステナビリティの取り組みの中でも、企業全体の温室効果ガス排出量を20%削減するというTextronのAchieve 2025 Sustainable Footprint目標を支援している。

Bell 505は、安全性と効率性を追求しながら、これまでで最も先進的な技術を採用した5人乗りの航空機である。本プラットフォームには、完全に統合されたガーミンG1000H NXiアビオニクス・スイートと、デュアルチャネルFADECを搭載したサフランArrius 2Rエンジンが採用されている。

【参照ページ】
(原文)BELL 505 BECOMES WORLD’S FIRST SINGLE ENGINE HELICOPTER TO FLY USING 100% SUSTAINABLE AVIATION FUEL
(日本語参考訳)Bell 505、100%SAFで飛行する世界初のシングルエンジンヘリコプター

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る