GSMA、人道的課題解決のためのイノベーション基金設立

12月11日、国際的な携帯電話通信業界団体GSMアソシエーション(GSMA)は、英国外務・英連邦・開発省(FCDO)と提携し、人道上の課題に対処するためのGSMAイノベーション基金を立ち上げることを発表した。

同基金は、中低所得国における人道的課題に対処するため、デジタル技術を活用した新たなソリューションのテストと支援を行うため、最高25万ポンド(約4,500万円)までの助成金と、追加的な非金融的・技術的支援を提供する。人道上の課題には、食糧不安、避難民、洪水、地震、台風などの自然災害が含まれるが、これらに限定されるものではない。

さらに、同基金は、AIやIoTなどのフロンティア技術を活用して人道的課題への備えや対応を改善するソリューション、人道支援やサービス、救命情報へのアクセスを通じて国内避難民や難民を含む危機的状況にある人々のニーズに対応するソリューション、あるいは人道的課題に対応するために新たな文脈で適応または複製できる既存のイノベーションに関心を寄せている。

GSMAのイノベーション・ファンドはこれまで、非営利団体や非政府組織を支援してきたが、本基金は、新興企業を含む営利目的の中小企業や成長企業に焦点を当てる。営利企業に特化することで、GSMAは新たな人道的イノベーションを支援し、官民パートナーシップを可能にする独自の専門知識を活用し、これらのイノベーションから危機的な影響を受けたコミュニティ、人道セクター、デジタル・モバイル業界の関係者に有益な洞察と証拠を生み出すことを目指す。

本基金は、アフリカ、中東、南・東南アジア、太平洋地域、カリブ海地域、ラテンアメリカの政府開発援助(ODA)を受けられる国で実施されるプロジェクトのみを対象とする。プロジェクトは、2024年2月12日(月)まで募集する。

【参照ページ】
(原文)THE GSMA LAUNCHES ITS NEWEST INNOVATION FUND TO ADDRESS HUMANITARIAN CHALLENGES
(日本語参考訳)GSMA、人道課題解決のためのイノベーション基金設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る