グローバル・ファッション・アジェンダ、バングラデシュの洋上風力発電で協働

12月5日、アパレル業界サステナビリティNGOグローバル・ファッション・アジェンダ(GFA)は、ドバイで開催されたCOP28において、国際的なファッション企業であるBESTSELLER、H&Mと共に、バングラデシュで初の洋上風力発電プロジェクトを開発する意向を発表した。

ファッション業界のGHG排出量の70%以上は上流工程からのもので、現在の事業は主に石油、ガス、石油、石炭などの非再生可能エネルギー源に依存している。業界の電力供給を再生可能エネルギーに変えるには、新しいインフラ・ソリューションを大規模に導入する必要がある。脱炭素化を確実かつ加速させるため、GFAはファッションブランドによる新たな再生可能エネルギー発電への集団投資を提唱している。

バングラデシュのコックスバザール沖で初となる実用規模の洋上風力発電プロジェクトは、再生可能エネルギー特化型ファンドのコペンハーゲン・インフラストラクチャー・パートナーズ(CIP)によって開発されている。GFAは、製造国における大規模で費用対効果の高い再生可能エネルギー供給を確保するために、ファッションブランドによる共同投資の必要性を提唱しており、現在、他のファッションブランドに対しても、風力発電所や将来的なエネルギー・プロジェクトへの共同投資を呼びかけている。

洋上風力発電プロジェクトが成功すれば、2028年の操業開始が見込まれている。本風力発電プロジェクトの発電容量は約500MWで、バングラデシュ初の実用規模の洋上風力発電所となり、2041年までに国内の電力の40%を再生可能エネルギーで賄うというバングラデシュの目標達成を支援する。本プロジェクトは、大幅な雇用創出、エネルギー供給の安定化、年間約72万5000トンの排出量削減に貢献すると期待されている。

【参照ページ】
(原文)Fashion industry joins forces with the renewable sector to decarbonise production in Bangladesh.
(日本語参考訳)グローバル・ファッション・アジェンダ、バングラデシュの洋上風力発電で協働

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る