グローバル・ファッション・アジェンダ、バングラデシュの洋上風力発電で協働

12月5日、アパレル業界サステナビリティNGOグローバル・ファッション・アジェンダ(GFA)は、ドバイで開催されたCOP28において、国際的なファッション企業であるBESTSELLER、H&Mと共に、バングラデシュで初の洋上風力発電プロジェクトを開発する意向を発表した。

ファッション業界のGHG排出量の70%以上は上流工程からのもので、現在の事業は主に石油、ガス、石油、石炭などの非再生可能エネルギー源に依存している。業界の電力供給を再生可能エネルギーに変えるには、新しいインフラ・ソリューションを大規模に導入する必要がある。脱炭素化を確実かつ加速させるため、GFAはファッションブランドによる新たな再生可能エネルギー発電への集団投資を提唱している。

バングラデシュのコックスバザール沖で初となる実用規模の洋上風力発電プロジェクトは、再生可能エネルギー特化型ファンドのコペンハーゲン・インフラストラクチャー・パートナーズ(CIP)によって開発されている。GFAは、製造国における大規模で費用対効果の高い再生可能エネルギー供給を確保するために、ファッションブランドによる共同投資の必要性を提唱しており、現在、他のファッションブランドに対しても、風力発電所や将来的なエネルギー・プロジェクトへの共同投資を呼びかけている。

洋上風力発電プロジェクトが成功すれば、2028年の操業開始が見込まれている。本風力発電プロジェクトの発電容量は約500MWで、バングラデシュ初の実用規模の洋上風力発電所となり、2041年までに国内の電力の40%を再生可能エネルギーで賄うというバングラデシュの目標達成を支援する。本プロジェクトは、大幅な雇用創出、エネルギー供給の安定化、年間約72万5000トンの排出量削減に貢献すると期待されている。

【参照ページ】
(原文)Fashion industry joins forces with the renewable sector to decarbonise production in Bangladesh.
(日本語参考訳)グローバル・ファッション・アジェンダ、バングラデシュの洋上風力発電で協働

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る