人的資本経営とは?事例から学ぶ実践のポイントを改めてチェック

人的資本経営では、「人材」はただのコストではなく、企業のサステナビリティに欠かせない資産のひとつとして捉えられる。人的資本経営の実践には従前のような要員計画に基づいた管理的側面からだけではなく、人材エンゲージメント(満足度や働く意義)等ステークホルダーの視点も考慮に入れる必要がある。国外では、人的資本経営の重要性への期待が高まりつつあり、日本でも2023年3月決算から人的資本の開示も義務化されたことは記憶に新しい(有価証券報告書を発行する大手企業4000社が対象)。本記事では、改めて人的資本経営の実践のポイントを整理しつつ、国内事例を紹介する。

人的資本経営とは

人的資本に関する情報は、企業の将来性を判断する指標として、ますます多くの投資家等ステークホルダーが情報開示を企業に要請するようになっている。そのため企業は、「人材=コスト・資源」という従来の考え方ではなく「人材=投資対象の資本」として捉え直し、人材の価値を引き出す経営スタイルにシフトする必要がある。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る