Walmart、H&M、IKEA、Kingfisherが小売業界向けの気候変動対策を開始

race to zero

世界的な大手小売企業であるWalmart、H&M、IKEA、Kingfisherは、本日、「Race to Zero Breakthroughs」の開始を発表した。これは、小売業界における気候変動対策を推進し、他の小売業者にネット・ゼロの達成と1.5℃への温暖化の抑制に沿った炭素削減計画の策定を促すことを目的とした新しい取り組みだ。

Race to Zeroは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の下、2020年6月に開始されるグローバルキャンペーンであり、遅くとも2050年までに炭素排出量をネット・ゼロにすることを約束する企業、都市、地域、投資家のリーダーシップと支援を集め、来る国連気候サミット(COP26)に向けて、脱炭素経済への移行の機運を高めることを目的としている。

このキャンペーンに参加する小売企業は、科学的根拠に基づく目標を設定し、2030年までに温室効果ガスの排出量を半減させ、遅くとも2050年までに炭素排出量をゼロにすることを約束する。

この新しいキャンペーンは、COP26のハイレベル気候行動チャンピオンと共同で実施され、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)が支援している。

【参照ページ】
(原文)Retailers Join Forces to Tackle Climate Change in the Race to Zero
(日本語訳)Walmart、H&M、IKEA、Kingfisherが小売業界向けの気候変動対策を開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る