H2 Green Steel、ZFと約2,340億円の低炭素鋼購入契約を締結

H2 Green Steel、ZFと約2,340億円の低炭素鋼購入契約を締結

7月4日、スウェーデンの新興企業H2 Green Steelは、世界的な自動車サプライヤーであるZFと、15億ユーロ(約2,340億円)相当のニアゼロエミッション鋼の納入に関する7年間の契約を締結したと発表した。

2020年に設立されたH2 Green Steelは、スウェーデンのボーデンに世界初の化石燃料を使用しない大規模な鉄鋼工場を建設中で、同プロジェクトには鉄鋼生産施設と一体化したギガスケールのグリーン水素プラントが含まれている。

同社は、酸化鉄から酸素を除去するためにグリーン電力で製造された水素を採用し、通常発生するCO2排出の大部分を回避し、製造工程で発生するエネルギー需要には100%再生可能な資源からの電力を使用する。H2 Green Steelは2025年の生産開始を目指しており、2030年までに500万トンのほぼ化石燃料を使用しない鉄鋼を生産する計画である。

今回の合意は、H2 Green Steelが最近発表したメルセデス・ベンツ、スカニア、鉄鋼メーカーBILSTEINなどの企業との取引に続くものである。

両社は新契約で納入される鋼材の量を明らかにしていないが、H2 Green Steelによると、本契約は、ZFが年間処理する直接・間接鋼材約250万トンの「かなりの割合」をカバーし、従来の製鉄プロセスと比較して230万トンのCO2排出量削減につながるという。鋼材の納入は2026年に開始される予定である。

ZFは、2030年までにスコープ1と2の企業二酸化炭素排出量を80%、スコープ3の排出強度を40%削減し、2040年までにすべてのスコープでネット・ゼロを達成するという目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)H2 Green Steel in 1.5 billion Euro agreement with ZF
(日本語参考訳)H2 Green Steel、ZFと約2,340億円の低炭素鋼購入契約を締結

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る