Trafigura、市場開拓のため5万トンの炭素除去クレジットの購入を約束

Trafigura、市場開拓のため5万トンの炭素除去クレジットの購入を約束

1月16日、グローバルな商品取引会社であるTrafiguraは、2030年末までに少なくとも5万トンの二酸化炭素除去クレジットを購入し、二酸化炭素除去市場およびソリューションの発展を支援することを目的としたイニシアティブに参加することを、新たに表明した。

本発表は、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラム年次総会において、First Movers Coalition(FMC)のイニシアティブの一環として行われた。

FMCは、COP26気候変動枠組条約締約国会議(COP26)で発足し、環境負荷の高い分野に対応するクリーン技術の早期市場創出を目指す企業による連合体である。FMCは、2030年までに達成すべき主要な先進的購入約束を設定することで、ゼロに近い炭素の鉄鋼、アルミニウム、海運、トラック輸送、航空、および高度な二酸化炭素除去ソリューションなどのクリーンテクノロジーの規模拡大と商業化を可能にする強い市場シグナルを発信する。

Trafiguraは、FMCの創設メンバーであり、FMCの海運およびアルミニウム部門のコミットメントに署名している。

二酸化炭素の除去は、気候変動に対処するための重要な手段として浮上しているが、大気中から二酸化炭素を回収・貯蔵する技術やソリューションのほとんどは、まだかなり初期の段階にとどまっている。昨年発表されたIPCCの気候変動緩和に関する画期的な研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオでは、二酸化炭素の除去(CDR)方法は今後数十年にわたって年間数十億トンの除去量に拡大されることが予想されている。

FMCの二酸化炭素除去コミットメントに参加する企業は、2030年末までに少なくとも5万トン、または少なくとも2500万ドルの耐久性と拡張性のある純二酸化炭素除去を契約することに同意している。除去の基準には、回収した炭素を最低1,000年間保存できるソリューションや、2030年までに少なくともメガトン級、2050年までにギガトン級に拡張できる可能性を持つソリューションが含まれる。

【参照ページ】
Trafigura announces carbon removal commitment as part of the First Movers Coalition

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る