第32回OPEC・非OPEC閣僚会議が開催

第32回OPEC・非OPEC閣僚会議が開催

9月5日、第32回OPEC・非OPEC閣僚会合がテレビ会議を通じて開催された。
OPEC・非OPEC閣僚会議は、ボラティリティと流動性の低下が現在の石油市場に及ぼす悪影響と、市場の安定性とその効率的な機能を支援する必要性に留意した。

同会議は、ボラティリティの上昇と不確実性の増大により、市場の状況を継続的に評価し、必要に応じて様々な形で生産を即座に調整する用意が必要なこと、OPEC+には、これらの課題に対処し市場に指針を提供するコミットメント、柔軟性および既存のメカニズムの範囲内での手段を持っていることに留意した。

同会議は以下を決定した。

  • 2020年4月12日の第10回OPEC・非OPEC閣僚会合での決定を再確認し、2021年7月18日の第19回OPEC・非OPEC閣僚会合を含むその後の会合でさらに支持する。
  • OPEC及び非OPEC参加国の2022年8月の生産水準を、添付の表に従って2022年10月の月に戻すこと、生産水準への0.1mb/dの上方調整は2022年9月の月のみを意図していたことに留意する。
  • 議長に対し、市場動向に対処するため、必要であればいつでもOPEC・非OPEC閣僚級会合を招集することを検討するよう要請する。
  • 完全適合と補償メカニズムの順守が極めて重要であることを再確認すること。補償計画は、第15回OPEC・非OPEC閣僚会合の声明に従って提出されるべきである。
  • 2022年10月5日に第33回OPEC・非OPEC閣僚会議を開催する。

【参照ページ】
(原文)32nd OPEC and non-OPEC Ministerial Meeting
(日本語訳)第32回OPEC・非OPEC閣僚会議が開催

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る