第32回OPEC・非OPEC閣僚会議が開催

第32回OPEC・非OPEC閣僚会議が開催

9月5日、第32回OPEC・非OPEC閣僚会合がテレビ会議を通じて開催された。
OPEC・非OPEC閣僚会議は、ボラティリティと流動性の低下が現在の石油市場に及ぼす悪影響と、市場の安定性とその効率的な機能を支援する必要性に留意した。

同会議は、ボラティリティの上昇と不確実性の増大により、市場の状況を継続的に評価し、必要に応じて様々な形で生産を即座に調整する用意が必要なこと、OPEC+には、これらの課題に対処し市場に指針を提供するコミットメント、柔軟性および既存のメカニズムの範囲内での手段を持っていることに留意した。

同会議は以下を決定した。

  • 2020年4月12日の第10回OPEC・非OPEC閣僚会合での決定を再確認し、2021年7月18日の第19回OPEC・非OPEC閣僚会合を含むその後の会合でさらに支持する。
  • OPEC及び非OPEC参加国の2022年8月の生産水準を、添付の表に従って2022年10月の月に戻すこと、生産水準への0.1mb/dの上方調整は2022年9月の月のみを意図していたことに留意する。
  • 議長に対し、市場動向に対処するため、必要であればいつでもOPEC・非OPEC閣僚級会合を招集することを検討するよう要請する。
  • 完全適合と補償メカニズムの順守が極めて重要であることを再確認すること。補償計画は、第15回OPEC・非OPEC閣僚会合の声明に従って提出されるべきである。
  • 2022年10月5日に第33回OPEC・非OPEC閣僚会議を開催する。

【参照ページ】
(原文)32nd OPEC and non-OPEC Ministerial Meeting
(日本語訳)第32回OPEC・非OPEC閣僚会議が開催

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る