NGFS、データギャップの解消に関する報告書を発表

7月6日、Network for Greening the Financial System(NGFS)が報告書を発表した。本報告書は、2021年5月に当ネットワークが発表した、気候関連データの需要、利用可能性、ギャップを包括的に評価した中間の進捗報告書に続くものである。

本報告書は、気候関連データのニーズ、利用可能性、ギャップを包括的に評価するための基礎を築き、信頼性が高く比較可能な気候関連データを確実に利用するために必要な三つのビルディングブロックを特定している。本報告書では、気候関連データの入手可能性・質・比較可能性を改善するために、進捗報告書の構成要素を中心に、NGFSの具体的な政策提言を行った。

NGFSは、過去1年間、意思決定に有用な気候関連データのニーズと利用可能性を包括的に評価するため、そのディレクトリの最終化にも取り組んできた。本報告書では、ディレクトリを利用し、主なデータギャップを埋めるための主要な課題について、証拠に基づく結論を導き出している。そうすることで、政策立案者や他の利害関係者が、気候関連データの課題に緊急に取り組むために採用できる具体的な政策提言を提供し、課題を満たすためにディレクトリが有用であることを強調している。

ディレクトリは、金融セクターのステークホルダーがニーズを満たす重要かつ関連性の高い気候関連データソースを特定し、アクセスを容易にすることで、既存の気候関データの普及を向上させることができる。同様に、気候関連データのニーズと利用可能な情報源を結びつけることにより、これまで特定されていなかった潜在的なデータギャップを指摘し、インセンティブを生み出すことで、気候関連データ項目に関するより幅広い知識を向上させることができる。

NGFSはディレクトリを、気候関連データのギャップを埋めるための実用的な解決策の提供を目的としたツールと捉えている。この公共財としての潜在的役割は、今年初めに行われたNGFSのディレクトリに関するパブリックコンサルテーションの回答者数名によって強調された。パブリックコンサルテーションからのフィードバックを受けて、NGFSは現在、新しいウェブサイトの開発と、ディレクトリの更新のための可能な長期的ソリューションの特定に取り組んでいる。

【参照ページ】
(原文)NGFS publishes its Final report on bridging data gaps
(日本語訳)NGFS、「データギャップの解消に関する最終報告書」を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る