Macquarie、EUが投資拡大を目指す中、バイオメタンプラットフォームを立ち上げ

Macquarie、EUが投資拡大を目指す中、バイオメタンプラットフォームを立ち上げ

2月28日、Macquarie Asset Managementのグリーン・インベストメント・グループ(GIG)は、バイオメタン・プロジェクトの開発、建設、運営を行う投資プラットフォーム「VORN Bioenergy」の立ち上げを発表した。

バイオメタンとは、有機廃棄物の分解によって得られるもので、天然ガスなどの化石燃料に代わる、再生可能で低炭素な燃料として利用することができる。

Macquarieがバイオメタンに力を入れるようになったのは、EUがREPowerEU計画を展開するためである。再生可能エネルギーやクリーンエネルギーの導入などの対策を通じて、ロシアの化石燃料への依存度を減らすための欧州委員会の戦略である。本計画には、2030年までに350億立方メートルのバイオメタンを生産するという目標が含まれており、そのためには5,000基のバイオメタンプラントの新設と約800億ユーロ(約11兆円)の資本投資が必要になると予想されている。

新しいプラットフォームは、GIGが2022年10月に買収したBayWa r.e. Bioenergy GmbHをベースにしている。買収当時、BayWa社はドイツ国内で5つの稼働中のプラントを運営し、年間約140GWhのBiomethaneを生産しており、Macquarieは、ドイツ、イタリア、その他欧州の既存および新興成長市場における同事業のプレゼンスを高める機会を探ることを目指したと述べている。

Macquarieによると、取引完了後、同社はイタリアで最初のプロジェクトの環境許可を取得し、今年中に建設を開始する予定である。また、同国内でさらに9つのプロジェクトがさまざまな開発段階にあり、スペインなどの新興成長市場での機会探求を開始している。さらに、ドイツの一部の拠点では技術プロセスの統合を進めており、炭素回収と液化技術を導入して食品用品質のCO2を生み出しているという。

Macquarieはまた、同プラットフォームのチームは「人数が大幅に増加」し、継続的な採用プログラムも実施されていると述べている。

【参照ページ】
(原文)Macquarie Asset Management’s Green Investment Group launches VORN Bioenergy
(日本語参考訳)マッコーリー・アセット・マネジメントのグリーン・インベストメント・グループがVORN Bioenergyを立ち上げ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る