EurelectricとEY、EVに関する課題と対策についての報告書を発表

EurelectricとEY、EVに関する課題と対策についての報告書を発表

2月8日、EurelectricとEYは欧州の送配電網に関する課題と対策をまとめた報告書を共同で発表した。報告書によると、2035年までに1億3,000万台のEVがヨーロッパの道路を走るようになるという。それまでにシームレスなユーザー体験を実現するためには6,500万台の充電器を設置する必要があり、そのうち85%は家庭に、4%は高速道路への設置が求められる。

既存の電力網はEVへの移行に対応できるが、将来のエネルギー需要のピークや負荷の増加の対応には、事前の計画と調整が必要である。都市部の配電網でEVの普及率が50%に達すると、無秩序な充電により電圧偏差が生じ、電力供給の質に影響を与える可能性がある。

本研究では、このような課題に対するいくつかの緩和策を検討している。充電ポイントを顧客の利便性を最大限に高める場所に設置し、適切な投資インセンティブを提供することを確実にする一方で、以下のことを推奨している。

・送電網をデジタル化し、顧客の行動、送電網の影響、ネットワークのニーズを理解し、予測し、最適化すること。
・スマートチャージャーを導入して容量を管理し、数百万台のEVが同時に接続された場合の圧力でグリッドが崩壊するのを防ぐこと。
・急速充電や高出力充電の需要が高まった場合に備えて、充電インフラにエネルギー貯蔵ソリューションを統合すること。

Eurelectricは、欧州30カ国以上に会員を擁し、発電、配電、供給に携わる3,500社以上の企業の代弁者となっている。同社は、業界の競争力に貢献し、公共活動における効果的な代表権を提供し、社会の発展における電気の役割の促進を目指している。

【参照ページ】
(原文)The electricity grid can support +100 million EVs, new study reveals
(日本語訳)EurelectricとEY、EVに関する課題と対策についての報告書を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る