Bank of America、2030年の持続可能な航空燃料(SAF)目標を設定

Bank of America、2030年の持続可能な航空燃料(SAF)目標を設定

2月11日、Bank of Americaは、2030年までに10億ガロンの持続可能な航空燃料(SAF)の生産と利用を支援することを2月11日、Bank of America(BoA)は、2030年までに10億ガロンの持続可能な航空燃料(SAF)の生産と利用の支援を発表した。これらの支援は同社の2050年までのネット・ゼロの目標に基づくものだ。

BoAの2030年SAF目標は、SAFやその他の低炭素航空ソリューションの製造のために、20億ドルの持続可能な金融を動員することによる市場の活性化や企業および商業用ジェット燃料の年間総使用量の少なくとも20%のSAF使用などで構成されている。現在、同社は入手可能な分のSAFを使用しているが、SAFを直接購入できない場合、同社の燃料使用量と同量のSAFをパートナーから購入するためのプレミアムを支払って補っている。

BoAは、これらの目標を達成するため、航空燃料供給会社や関連するエコシステム参加者と協力して、生産量を増やし、ユーザーがSAFを利用するために必要なインフラの整備を支援する。また、SAFの取り組みを支援するために、SkyNRGおよびアメリカン航空との最近の契約を含め、多くの主要な組織と提携する。

さらに、BoAは自社の業務用SAFの調達に加え、1.5兆ドルのサステナブル・ファイナンスのコミットメント(うち1兆ドルは環境移行に充当)を通じて、SAF市場の拡大と成長、持続可能なイノベーションの加速のために資本の投入と動員を行なう。

BoAは、航空燃料が真に持続可能であるためには温室効果ガス(GHG)排出量を大幅に削減すると同時に、他の下流環境および社会的影響にも対処しなければならないと述べている。同社のパートナーシップは技術革新の加速や、世界的に認められた持続可能な航空燃料証書(SAFc)の枠組みなど、新たな市場の実現を目指している。

【参照ページ】
(原文)Bank of America Sets 2030 Sustainable Aviation Fuel (SAF) Goal
(日本語訳)Bank of America、2030年の持続可能な航空燃料(SAF)目標を設定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る