マイクロソフト・ブルックフィールド社、大規模な再エネ電力の供給にむけて契約締結

5月1日、ブルックフィールド・アセット・マネジメント、およびブルックフィールド・リニューアブル(再エネ供給プラットフォーム)は、米国と欧州における10.5ギガワット以上のクリーンエネルギーの開発・供給に向けて、マイクロソフト社と5年間の「グローバル再生可能エネルギー枠組み契約」を締結した。

今回の契約では、クリーンエネルギー契約としては過去最大規模とされ、一般的な企業電力販売契約(PPA)の約8倍の規模に。

今回の新しい契約により、マイクロソフト社は、家庭や職場でのクラウド サービスをサポートするとともに、新しい再生可能エネルギーへのアクセスを提供する。これにより、自社のクリーンエネルギーと持続可能性の目標の実現を目指す。

2021年、マイクロソフトは「100/100/0 clean energy goal」を立ち上げ、2030年までに、「電力消費量の100パーセントを、100 パーセントの時間、ゼロカーボンエネルギーの購入により賄うことを目標」にしている。また、2025 年までに世界中の自社の建物とデータセンターで100%再生可能エネルギーを使用し、2030年までにカーボン ネガティブを実現することを目指すという。

今回の契約には、米国および欧州だけでなく、アジア太平洋、インド、ラテンアメリカ内で追加の再生可能エネルギー容量を提供する範囲を拡大することも考えられる。新たな再生可能エネルギープロジェクトの大規模なポートフォリオを構築するインセンティブとなるだろう。

【参照ページ】
(原文)Brookfield and Microsoft Collaborating to Deliver Over 10.5 GW of New Renewable Power Capacity Globally

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る