サステナブル債発行額(グローバル)2024年第1四半期に2,810億ドルに回復

5月2日、ムーディーズ(Moody’s Investors Service)によると、2024年第1四半期、グリーン・ソーシャル・サステナビリティおよびサステナビリティ・リンク債(GSSS)の発行額は、2023年第4四半期の2,070億ドルから36%ほど増えて、2,810億ドルとなったと発表した。

債券別では、グリーンボンドが発行量の60%を占めており、発行額が1,690億ドル。同社によれば、グリーンボンドの発行額が引き続き堅調に推移すると予想しており、通期で5,800億ドルを見込んでいる。

ほとんどのセグメントが堅調だったが、同四半期のサステナビリティ・リンク債(SLB)発行額は前年同期の220億ドルから100億ドルに減少した。2021年第1四半期以来最低となった。債券に関連付けられた「持続可能性目標の信頼性や堅牢性」に対して投資家が厳しい視線を寄せたためと推測される。なお、SLB発行の通期予想は、600億ドル程度としている。

グリーン産業政策の普及、脱炭素化を求める企業への規制圧力の増大など、GSSS市場が成長する見込みを示している。また、国債(ソブリン債)発行額の増加も言及しており、2024年第1四半期では総額590億ドルに達していると報告。気候変動と持続可能性への資金調達のため、債券を利用する国が増えるにつれ、今後も成長が続くと予想されている。

【参照ページ】
(原文)Strong first quarter points to sustainable bond issuance recovery in 2023

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る