FrontierとVaulted Deep、に15万2,000トン以上のCO2の炭素除去・貯蓄の契約合意

5月2日、Stripe、Alphabet、McKinsey、H&M、JPモルガンなどの企業の炭素除去バイヤーグループのFrontierは、炭素除去・貯蔵プロバイダーのVaulted Deep社と総額5,800万ドルを超える新たな「炭素除去契約」を進めていることが明らかになった。

新しい契約では、Vaulted Deepが2027年までに15万2,000トン以上のCO2を除去し、永久に貯蔵することになるようで、2024年の1万8,000トン以上も含まれる。

Frontier社は、 Stripe、Alphabet、shopifyおよび McKinsey によって、9億2,500万ドルの出資により、2022年4月に設立。炭素除去市場や技術の発展を目的にしている。

2023年発表された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によると  、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオには、今後数10年間で、年間数10億トン規模の炭素除去方法が含まれている。ただし、報告書は、CO2を回収して貯蔵するための既存のソリューションは複数あるものの、そのほとんどが初期段階であり、現時点では規模が限られているとも指摘されている。

Vaulted Deep は、バイオソリッド、肥料、農業廃棄物、食品廃棄物、紙汚泥などの汚泥状の有機廃棄物を隔離し、炭素を豊富に含むバイオマスを地下深くに注入して永久保管することで炭素除去を目指す。同社のアプローチは、独自の注入技術を利用しており、炭素を地下深くに注入し、10,000 年以上の永続性を実現するとしている。

今回の契約には、上記のほかに、Aledade、Skyscanner、Canva、SKIMS、Wise、Zendesk などの企業も購入に参加。将来のプロジェクトからより多くの重量を購入する場合は、低価格になるオプションも含まれている。

Vaulted Deepによると、新たな契約により、同社はアメリカにおける既存の事業を拡大し、2027年までに原料の入手可能性、輸送、容量を最適化した3つの新しい施設を開設する計画だという。

【参照ページ】
(原文)Frontier bets $58.3M on carbon removal startup Vaulted Deep


関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る