香港金融管理局(HKMA)、持続可能な金融の香港タクソノミーを発表

5月3日、香港金融管理局(HKMA)は、持続可能な金融の促進に向けた香港タクソノミー(分類)を発表した。

HKMA によると、タクソノミーは、サステナビリティに関連した金融商品を分類および表示するために標準化されており、投資家が「環境にプラスの影響をもたらす活動」を特定でき、投資しやすくなるようにできている。このタクソノミーは気候変動の目標、低炭素の未来など、投資のリスク軽減やグリーンテクノロジー・持続可能なプロジェクトへの投資機会を提供できるとしている。

新しい香港のタクソノミーは、発電、輸送、建設、水と廃棄物の管理を含む 4 つのセクターにわたる 12 の経済活動を対象としている。 今後、より多くのセクターや活動を含むように分類の対象範囲を拡大することを目指す。

HKMA は、2023年にグリーン分類フレームワークのプロトタイプとディスカッションペーパーを発表しており、タクソノミーはそれに続くものである。 HKMA によれば、昨年受け取ったフィードバックに基づき、グリーン製品のより明確な定義や、相互運用性の強化、グリーンウオッシュのリスク軽減などを含む分類システムを取り入れている。

タクソノミーのアプローチには、パリ協定との整合性、グリーンウォッシュからの証拠の提供、中国本土、EU、ASEAN の管轄区域による相互運用性の提供、科学に基づいた基準としきい値の使用、および重大な危害を与えないこと (DNSH) と最小限の社会的保護措置 (MSS) の概念の重要性などの概念が含まれている。

【参照ページ】
(原文)Hong Kong Taxonomy for Sustainable Finance


関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る