大手プライベート・エクイティ、ESGデータと報告書作成で協力

investment

GP・LP合わせて運用総額4兆ドルを超えるプライベート・エクイティ投資家グループは、ESGデータの収集と報告に関する業界のアプローチを合理化することを目的とした新しいイニシアティブ「ESG Data Convergence Project」を立ち上げることを発表しました。

カリフォルニア公務員退職年金基金(CalPERS)と世界的な投資会社であるカーライルが


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ABAC、APECビジネスリーダーに対し、差し迫ったグローバルな課題への協力を要請する。

    2023-12-5

    ABAC、APECビジネスリーダーに対し、差し迫ったグローバルな課題への協力を要請

    11月14日、ドミニク・ウンAPECビジネス諮問委員会(ABAC)委員長は、サンフランシスコで開催…
  2. 2023-12-5

    CDP、2023年版の都市における気候変動対策「Aリスト」を発表

    11月14日、国際的な環境情報開示NGOであるCDPは、2023年版の都市における気候変動対策「A…
  3. 2023-12-5

    IPEF、サプライチェーン協定締結

    11月14日、サンフランシスコで開催されたインド太平洋経済枠組み(IPEF)第2回閣僚会議において…

アーカイブ

ページ上部へ戻る