アマゾンのAWS、2030年までのウォーター・ポジティブにコミット

アマゾンのAWSが2030年までにウォーター・ポジティブになることを誓約

11月29日、アマゾンのクラウドプロバイダーサービスであるAmazon Web Services(AWS)は、2030年までにウォーターポジティブを目指し、直接業務で使用する以上の水を地域社会に還元し、インド、英国、米国で水補充プロジェクトをサポートするというコミットメントを発表した。

同社によると、ウォーター・ポジティブな目標を達成するための戦略は、水効率の向上、持続可能な水源の利用、コミュニティでの再利用のための水の還元、水補充プロジェクトの支援といった4つの重要な側面から構成されるとのことだ。

その中には、インドで最近発足した水と衛生に焦点を当てた非営利団体WaterAidのプロジェクトの支援、英国ではThe Rivers TrustおよびAction for the River Kennetと協力してテムズ川の支流に2つの湿地を作ること、米国では自然保護非営利団体Freshwater TrustおよびOmochumne-Hartnell Water Districtと協力してCosumnes川の冬の水を使って年間1億8900万リットルの地下水を再補充することも含まれている。

また、水の再利用とリサイクルの目標達成に向けた継続的な取り組みとして、2021年に1キロワット時あたり0.25リットルとなった世界の水利用効率(WUE)指標を毎年報告すると発表した。

本基金は、アジア、アフリカ、ラテンアメリカの1億人に気候変動に強い水と衛生のソリューションを提供するために活動している。

【参照ページ】
(原文)AWS Plans to Slash Water Use in its Cloud Data Centers
(日本語訳)AWS、クラウドデータセンターにおける水使用量の削減を計画

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る