DHL、サステナビリティに配慮したファイナンスのフレームワークを発表

DHL、サステイナビリティに配慮したファイナンスのフレームワークを発表

11月28日、物流・海運大手のドイツポストDHL Groupは、サステナビリティリンク債の発行を可能にする「サステナビリティリンクファイナンスフレームワーク」の導入を発表した。

サステナビリティリンク債は、発行体がサステナビリティ目標を達成するためのインセンティブとして、目標に対するパフォーマンスと連動した条件で設計されており、サステナブルファイナンス市場の中で最も急速に成長している分野である。Moody’sの最近のレポートによると、サステナビリティ・リンク債の市場は2021年に10倍に急増し、900億ドル(約12.5兆円)の発行額となった。

新しい枠組みの下でDHLが発行するサステナビリティリンク債は、排出量削減目標に対する同社のパフォーマンスに連動してクーポンが支払われる。具体的には、2021年を基準として、2030年までにスコープ1および2の絶対排出量を42%削減し、燃料およびエネルギー関連活動、上流の輸送および流通、出張によるスコープ3の絶対排出量を25%削減するという約束が盛り込まれている。目標が未達成の場合、DHLは投資家に対してより高い金利を支払うことを要求されることになる。

フレームワークでは、選択されたサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(SPT)が、サイエンス・ベース・ターゲット・イニシアチブ(SBTi)によって検証・承認されたコミットメントであることに留意している。

本フレームワークは、Sustainalyticsからセカンドパーティオピニオンを取得し、スコープ1と2のSPTを “Highly Ambitious”、スコープ3のSPTを “Ambitious “と評価された。

【参考ページ】
(原文)DHL introduces Sustainability-Linked Finance Framework
(日本語訳)DHL、サステナビリティと連動したファイナンスのフレームワークを導入

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る