Schneider ElectricとAVEVAがShellと提携。難燃性セクターでのネット・ゼロ移行を加速化

 

9月26日、電気機器メーカーSchneider Electric、産業用ソフトウェア企業AVEVA、およびエネルギーと石油化学企業Shellは、それぞれの業界とより広い分野におけるネット・ゼロへの移行アジェンダを支援するグローバル戦略提携を結んだ。3社は、セメントなど脱炭素化が困難な業界の顧客のために、エンドツーエンドの統合エネルギーソリューションを共同開発する機会を探っていく。

エネルギー集約型産業や重工業の企業は、温室効果ガス(GHG)排出量の削減、業務プロセスの効率化、エネルギー効率、セキュリティ、回復力、可用性、信頼性の向上を実現する、信頼できるパートナーやソリューションを必要としている。Schneider Electric、AVEVA、Shell のパートナーシップ契約は、それぞれが単独で提供できる範囲を超えた、より広範囲で大規模な統合ソリューションを消費者に提供するものである。

3社は、高度なプロセスモデリング、シミュレーション、アドバイスからサイト固有の脱炭素ソリューションまで、コンサルティング、技術、デジタル、エネルギーに特化した補完的な能力を組み合わせることで、各産業に即効性のあるソリューションを提供する。

本提携では、まずセメント業界に焦点を当て、典型的な導入事例として、排出量最大15%削減を目指す。本アプローチは、再生可能エネルギー源への効率的な移行に重点を置いている。より正確なプロセス分析、動的戦術シミュレーションの改善、炉と粉砕機のプロセス改善のためのデジタル統合により、資源使用量の削減を推進する。

AVEVAとSchneider Electricは、統合されたデジタルエンジニアリング、オペレーションプロセス、エネルギー最適化技術に加え、持続可能性に関する深い専門知識を提供する。これらの技術は、カーボンニュートラルな施設の設計、建設、より効率的な運用をサポートする。また、バリューチェーンを最適化し、GHG排出量を削減する生産計画の策定を支援する。

Shellは、エンド・ツー・エンドの持続可能なエネルギー供給ソリューション、グローバルなプロジェクトエンジニアリング能力、大規模な再生可能エネルギー発電および資産ポートフォリオ、さらに幅広い分野でのサステナビリティソリューションを本パートナーシップに提供する。

【参照ページ】
(原文)Schneider Electric and AVEVA partner with Shell to accelerate net-zero transition in hard-to-abate sectors
(日本語訳)Schneider ElectricとAVEVAがShellと提携 難燃性セクターでのネット・ゼロ移行を加速化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る