金属大手Umicore、欧州初のEV電池材料用ギガファクトリーを竣工

9月21日、金属大手Umicoreは、ポーランドのニサにカーボンニュートラルなEV用正極活物質ギガファクトリーを開設した。

同工場の年間生産能力は、2023年末に20GWh、2024年に40GWhに達し、10年後半には200GWh以上(EV300万台分)に拡大する見込み。Umicoreは2030年までに全世界で400GWh以上の生産能力を達成し、欧州・北米・アジアの3大陸で完全に統合された地域バッテリー材料バリューチェーンを確立するという戦略を立てている。今回の工場建設もその戦略の一環。

Umicoreはさらに、カナダに前駆体及び正極活物質生産工場を建設し、アジアで既存工場での生産能力も拡大する予定である。

本工場は、近隣の陸上風力発電所から供給される再生可能エネルギーで完全に賄われている。工場の建設は2019年に始まり、今年7月に生産が開始された。現在、二サ工場では約240名の従業員が働いており、工場の将来の能力拡張に伴い、2023年末には400人に増加する見込み。

【参照ページ】
(原文)Umicore inaugurates Europe’s first battery materials gigafactory
(日本語訳)ユミコアが欧州初の電池材料ギガファクトリーを開設

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る