金属大手Umicore、欧州初のEV電池材料用ギガファクトリーを竣工

9月21日、金属大手Umicoreは、ポーランドのニサにカーボンニュートラルなEV用正極活物質ギガファクトリーを開設した。

同工場の年間生産能力は、2023年末に20GWh、2024年に40GWhに達し、10年後半には200GWh以上(EV300万台分)に拡大する見込み。Umicoreは2030年までに全世界で400GWh以上の生産能力を達成し、欧州・北米・アジアの3大陸で完全に統合された地域バッテリー材料バリューチェーンを確立するという戦略を立てている。今回の工場建設もその戦略の一環。

Umicoreはさらに、カナダに前駆体及び正極活物質生産工場を建設し、アジアで既存工場での生産能力も拡大する予定である。

本工場は、近隣の陸上風力発電所から供給される再生可能エネルギーで完全に賄われている。工場の建設は2019年に始まり、今年7月に生産が開始された。現在、二サ工場では約240名の従業員が働いており、工場の将来の能力拡張に伴い、2023年末には400人に増加する見込み。

【参照ページ】
(原文)Umicore inaugurates Europe’s first battery materials gigafactory
(日本語訳)ユミコアが欧州初の電池材料ギガファクトリーを開設

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る