EU、中国製EVに対する反ダンピング調査を開始

EU、中国製EVに対する反ダンピング調査を開始

10月4日、欧州委員会は、多額の補助金を受けたEVの急増がEUの自動車産業に脅威を与えていると判断し、中国からの輸入EVに対する反補助金調査を正式に開始したと発表した。

今回の調査は、欧州委員会が中国のEV企業に対して反ダンピング調査を開始するよう、フランスが数カ月にわたって圧力をかけてきたことを受けたもの。しかし、ドイツなど他の国々は、この動きが貿易戦争の火種になりかねないと警告している。

欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は先月、欧州連合(EU)の現状(SOTEU)演説でこの調査計画を発表し、その中で「世界市場は現在、安価な中国製EVであふれかえっている」と述べ、その価格は「巨額の国家補助金」によって人為的に低く抑えられており、市場を歪めていると指摘した。

欧州のEV市場は、2035年からEU域内で登録される新車とバンのCO2排出量を100%削減することを義務づける規制が施行され、英国でも同様の規則が施行されていることから、今後数年間で急速に成長すると予想されている。 全EVの販売は現在、EUの自動車市場の約13%を占めている。

欧州委員会は、正式な調査を発表した声明の中で、EUの産業界から正式な苦情は寄せられていないものの、「中国からEUへ低価格で補助金付きのEV輸入が最近急増しており、EUのEV産業に経済的脅威を与えている」ことを示す十分な証拠が集まっていると述べた。

欧州委員会は、調査の結果に基づいて、不公正な貿易慣行の影響を是正することがEUにとって最善であるかどうかを判断するとしており、これには中国から輸入されるEVに反ダンピング関税を課すことも含まれる可能性がある。

【参照ページ】
(原文)Commission launches investigation on subsidised electric cars from China
(日本語参考訳)EU、中国製EVに対する反ダンピング調査を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る