日系自動車メーカー、タイに合計6,200億円の投資を発表

12月25日、タイ政府報道官は、トヨタ自動車、本田技研工業、いすゞ自動車、三菱自動車の4社が合計でEV関連でタイに1,500億バーツ(約6,200億円)を投資すると発表した。

k本発表は、セター・タウィーシン首相兼財相が12月17日に日本ASEAN友好協力50周年特別首脳会議に出席し、岸田首相らと会談した際に行われた。また、12月13日のNHKなどの取材において、中国メーカーがタイでのEVの現地生産計画を進めていることに対し、「日本はEVの生産でやや遅れをとっている。クリーンエネルギーへの移行を急がなければ、日本は取り残されてしまう」との懸念が表明されていた。

今回の投資発表によれば、トヨタ自動車が約500億バーツ(約2,095億円)、本田技研工業が約500億バーツ(約2,095億円)、いすゞ自動車が300億バーツ(約1,257億円)、三菱自動車が200億バーツ(約838億円)を投資することが明らかになった。これらの投資は、タイ政府の内燃機関自動車からEVへの転換政策を支援するものとなっている。

タイ政府は2030年までに年間生産台数250万台の約3分の1をEVに転換する目標を掲げており、EV製造への投資や転換を促進するためのインセンティブを用意している。

【参考ページ】
タイ政府歓迎、トヨタ・ホンダ・いすゞ・三菱自動車の4社がEV生産に計6000億円投資へ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る