クレディ・アグリコル、気候変動戦略を強化・加速

クレディ・アグリコル、気候変動戦略を強化・加速

12月14日、フランスの金融大手、クレディ・アグリコルは、気候変動戦略の強化と加速を目指す一環として、様々な施策を発表した。その中には、すべての化石燃料採掘へのプロジェクトファイナンスの禁止も含まれている。

まず、エネルギーセクターにおいて、国際エネルギー機関(IEA)の「ネット・ゼロ2050」シナリオの2倍の速さで石油・ガスセクターに関連するファイナンスド・エミッションを2030年までに2020年比で75%削減する方針が打ち出された。新たな化石燃料採掘プロジェクトへのプロジェクトファイナンスは全面禁止となり、独立系生産者への法人ファイナンスも制限される。

逆に再生可能エネルギーへの年間ファイナンス額は2030年までに3倍に増加し、低炭素エネルギーへの投資を増やす計画である。また、再生可能エネルギー、省エネ、クリーンテクノロジーへの投融資キャパシティを1,000億ユーロ(約15兆円)に拡充する方針も明らかにされた。

5つの新しいセクターにおいても方針を新設。「リテール不動産」「農業」「航空」「海運」「鉄鋼」の各セクターにおいて、具体的な方針が設定され、持続可能性への取り組みが強化される。これにより、10セクター全体での方針が策定された。

最後に、ガバナンスの強化も一環して行われ、新たに「社会的コミットメント委員会」や「ESG戦略委員会」の設置が発表された。これにより、気候変動に対する方針の進捗状況が四半期ごとにモニタリングされる。

なお、クレディ・アグリコルは全社員向けに気候変動に関する研修を行っており、CXOクラスの報酬にはサステナビリティ・パフォーマンス基準が組み込まれている。

【参照ページ】
(原文)CRÉDIT AGRICOLE ACCELERATES ITS CLIMATE COMMITMENTS
(日本語参考訳)クレディ・アグリコル、気候変動への取り組みを加速

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る