カナダ、2035年までに新車販売の100%ZEV化を目指す

カナダ、2035年までに新車販売の100%が電気自動車になる基準を最終決定

12月19日、カナダ環境・気候変動省は、EVの利用可能性基準を最終決定し、2035年までに同国内で新車販売の100%がゼロエミッション車(ZEV)になることを発表した。同基準では、中間目標として、2026年までに全新車販売の20%以上、2030年までには60%以上がZEVになるよう設定されている。本基準により、国内で生産されたZEVが国内供給に投入されることが奨励される。

現在、カナダでは既に2023年第3四半期で新車販売の8台に1台がゼロエミッション車となっており、ブリティッシュ・コロンビア州とケベック州では既に20%以上がEVとなっている。また、EVバッテリーの性能向上により、寒冷地でも十分な性能が得られると判断された。

カナダ政府は、2029年までに全国に84,500基のEV充電スタンドを設置する計画で、現在の公共EV充電スタンドの数は約25,000基である。2023年には、連邦政府のiZEV購入奨励金の対象がEV50車種以上に拡大される予定。

【参照ページ】
(原文)New Electric Vehicle Availability Standard will give Canadians better access to more affordable cars and cleaner air
(日本語参考訳)新しい電気自動車利用可能基準は、カナダ国民に、より手頃な価格の自動車と、よりクリーンな空気へのより良いアクセスを提供する。

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る