Nasdaq、ESG報告書作成ソフトウェアプロバイダーMetrioを買収

6月2日、資本市場テクノロジーおよび取引所企業のNasdaqは、モントリオールを拠点とするESGデータ収集・分析・報告ソフトウェアのプロバイダーであるMetrioの買収を発表した。本買収により、Metrioのサービス型ソフトウェア(SaaS)プラットフォームをNasdaqのESGソリューションに統合し、IR・ESGサービスのポートフォリオを強化する。

本買収は、投資家、消費者、規制当局を含む複数のステークホルダーからの圧力の高まりにより、企業が世界的にサステナビリティ・パフォーマンスの測定と報告を行うようになった流れを受けたものだ。ESGデータの収集、管理、分析は、しばしばこのプロセスにおける最も大きな障害として挙げられている。

2009年に設立されたMetrioのプラットフォームは、自動データ収集、ESGパフォーマンス測定、分析とダッシュボード化、複数フレームワークによる報告、ステークホルダーエンゲージメントとサステナビリティ・コミュニケーションのためのソリューションにより、企業のサステナビリティ報告プロセスの合理化を可能にする。同社の顧客には、Target、Decathlon、Air Canada、TMXなどがある。

今回の取引は6月中旬に完了する予定である。Nasdaqによると、モントリオールにあるMetrioの本社は維持する予定。

【参照ページ】
(原文)Nasdaq to Acquire Metrio, a Leader in Sustainability Software

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る