気候技術スタートアップZeroNorth、64億円超を調達

6月2日、デンマークのサプライチェーンに特化した気候変動対策技術の新興企業であるZeroNorthは、海運における脱炭素化のさらなる加速を目的に、シリーズB投資ラウンドで5000万ドル(約64億円)以上を調達したと発表した。

本資金調達には、成長株のPSGエクイティが新たに参加したほか、物流会社のA.P. Moller Holdingや食品・農業関連企業のCargillなどの既存投資家も参加している。

ZeroNorthは、世界の海運業界が商業的なパフォーマンスを維持しながら、排出量を削減し、気候に与える影響を軽減するためのさまざまなソフトウェアソリューションを提供している。同社のSaaSプラットフォームは、船主やオペレーターがリアルタイムでビジネスを最適化し、環境への影響と収益性を改善するための知見を提供する。

ZeroNorthによると、2021年の21万8000トンから、2022年には50万トン以上のCO2排出量削減に貢献する見込みである。今回の資金調達で得た資金は、製品イノベーションへの投資、顧客対応チームの拡大、M&Aの追求に充てる予定だ。

【参照ページ】
(原文)ZeroNorth secures over $50 million in Series B investment
(日本語訳)気候技術スタートアップZeroNorth、5000万ドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る