UNEP FI、気候変動物理的リスクの不動産価値影響レポートを公表

unep_logo

8月16日、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は不動産市場が気候変動の物理的な影響によるリスクをどの程度織り込んでいるかを調査した新しい報告書を発表した。

本報告書は、UNEP FIと、パートナーであるレディング大学ヘンリービジネススクール(英国)およびヨーク大学シューリッヒビジネススクールのブルックフィールド不動産・インフラセンター(カナダ)と共同で作成された。

研究者たちは、近年の異常気象や海面上昇に伴う価値や価格の変化、市場行動の変化についての実証的な知見を得るため、公表されている文献を調査。

報告書では気候変動がどの程度資産化されているかは不明であるとしつつも、資金調達リスク(貸し手のリスクプレミアムや保険加入者の懸念を通じて)や資本化(流動性の低下を通じて)が不動産の価格や価値に影響を与える可能性を示唆した。

【参照ページ】
(原文)NEW REPORT EXAMINES HOW REAL ESTATE MARKETS RESPOND TO PHYSICAL IMPACTS OF CLIMATE RISK
(日本語訳)新レポートでは、不動産市場が気候リスクの物理的影響にどのように対応するかを検証しています。

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る