FDA、動物細胞培養技術を用いたヒト用食品に関する初の市販前相談を完了

11月16日、米国食品医薬品局(FDA)は、培養肉スタートアップUPSIDE FoodsがFDAに提出した情報を評価し、同社の安全性に関する結論について、現時点ではそれ以上の疑問はないと判断した。動物細胞培養技術を用いたヒト用食品に関する市販前相談は今回が初となる。

UPSIDE Foodsは、動物細胞培養技術を用いてニワトリから生きた細胞を採取し、制御された環境で細胞を増殖させて培養肉を製造する。 FDAは、培養動物細胞食品および製造プロセスを開発する企業と協力し、その食品が連邦食品・医薬品・化粧品法の下で安全かつ合法かどうかを評価し、証明する。FDAは承認を円滑化するため、製品やプロセスの開発段階の早い段階での市販前相談を推奨している。

UPSIDE Foodsは今後、細胞培養部分の施設登録などFDAの要件を満たすことに加え、製造施設については米国農務省食品安全検査局(USDA-FSIS)からの検査許可証が必要となる。さらに、食品自体も米国市場に入る前にUSDA-FSISの検査マークが必要である。

【参照ページ】
(原文)FDA Completes First Pre-Market Consultation for Human Food Made Using Animal Cell Culture Technology
(日本語訳)FDA、動物細胞培養技術を用いたヒト用食品に関する初の市販前相談を完了

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る