FDA、動物細胞培養技術を用いたヒト用食品に関する初の市販前相談を完了

11月16日、米国食品医薬品局(FDA)は、培養肉スタートアップUPSIDE FoodsがFDAに提出した情報を評価し、同社の安全性に関する結論について、現時点ではそれ以上の疑問はないと判断した。動物細胞培養技術を用いたヒト用食品に関する市販前相談は今回が初となる。

UPSIDE Foodsは、動物細胞培養技術を用いてニワトリから生きた細胞を採取し、制御された環境で細胞を増殖させて培養肉を製造する。 FDAは、培養動物細胞食品および製造プロセスを開発する企業と協力し、その食品が連邦食品・医薬品・化粧品法の下で安全かつ合法かどうかを評価し、証明する。FDAは承認を円滑化するため、製品やプロセスの開発段階の早い段階での市販前相談を推奨している。

UPSIDE Foodsは今後、細胞培養部分の施設登録などFDAの要件を満たすことに加え、製造施設については米国農務省食品安全検査局(USDA-FSIS)からの検査許可証が必要となる。さらに、食品自体も米国市場に入る前にUSDA-FSISの検査マークが必要である。

【参照ページ】
(原文)FDA Completes First Pre-Market Consultation for Human Food Made Using Animal Cell Culture Technology
(日本語訳)FDA、動物細胞培養技術を用いたヒト用食品に関する初の市販前相談を完了

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る