S&P、2050年までに世界のGDPの4%以上が気候変動によるリスクにさらされると警告

11月27日、S&Pグローバル・レーティングスが発表した新しい調査によると、気温上昇が2℃を超えた場合、気候変動による物理的影響により、年間GDPの4%以上が失われる可能性がある。

報告書「Lost GDP: Potential Impacts Of Physical Climate Risks」は、予測される温室効果ガス(GHG)排出量と気温の変化に関する一連の気候シナリオを調査し、気候変動による物理的影響によって137カ国が被る可能性のある経済的損失について、猛暑や洪水から山火事や暴風雨に至る7つの具体的な気候ハザードに焦点を当てて評価した。

S&Pグローバルは、スイス再保険の統計によれば、1992年から2022年までの年間保険損害額は毎年5%から7%増加するとしている。

気温上昇が2050年までに2.1℃に達すると予測される「緩やかな移行」シナリオでは、適応策を講じない場合、世界のGDPの最大4.4%が毎年失われる可能性があり、その影響の大部分(全体の約60%)は、水ストレスと猛暑によるもので、これらが重なると、水資源の枯渇、エネルギー需要の増大、農業生産の混乱、山火事のリスクが高まる。

報告書によると、開発途上地域は気候災害による影響を大幅に受け、低所得国は富裕国よりも4.4倍気候リスクにさらされ、経済的損失に対処する準備が整っていない。

ゆっくりとした移行シナリオでは、南アジアが気候変動に最もさらされ、2050年までに年間GDPの約12%がリスクにさらされる。次いでサハラ以南のアフリカ、中東・北アフリカ(MENA)がそれぞれGDPの8%がリスクにさらされ、北米と欧州のGDPリスクは2%以下であることがわかった。

報告書はまた、物理的な気候リスクを回避し、対応し、回復するための各国の能力を測定する準備評価指標を利用し、物理的な気候リスクに最もさらされていない北米と欧州が、圧倒的に準備も整っている一方、サハラ以南のアフリカは、気候災害による損失に直面する準備が最も整っていない地域であり、低所得の地域は、高所得の地域を大きく下回っていることを明らかにした。

報告書は、これらのリスクに対処するために気候適応への投資が必要であることを指摘する一方で、適応策の資金調達には障壁があることも指摘している。適応資金の大半は負債性金融商品の形で提供されているが、一方で資金調達の状況は厳しくなっており、金利上昇の環境下ではさらに悪化する可能性がある。

【参照ページ】
(原文)S&P Global Ratings Sustainability Insights Research “Lost GDP: Potential Impacts Of Physical Climate Risks”
(日本語参考訳)S&P、2050年までに世界のGDPの4%以上が気候変動によるリスクにさらされると警告

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る