主要金融機関、インパクト開示タスクフォースを発足

11月28日、世界最大級の金融・投資会社グループは、「インパクト・ディスクロージャー・タスクフォース」の設立を発表した。本タスクフォースは、企業や政府が国連の持続可能な開発目標(SDGs)を推進するための努力や進捗状況を測定・報告することを支援し、グローバルなサステナビリティの野望を達成するために必要な資本の流れを促進することを目的とした新しいイニシアティブである。

国連SDGsとは、2015年に採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の一部であり、地球を保護し、世界的に生活の質を向上させることを目的とした17カテゴリーの目標を指す。 SDGsの目標には、貧困と飢餓の撲滅、教育の改善、環境の保護などが含まれる。

タスクフォースは、国連グローバル・コンパクト(UNGC)とアクセンチュアによる最近の調査を引用し、本イニシアティブの中間地点において、世界は現在SDGsの達成軌道に乗っていないこと、そしてその達成には大規模な資本フローが必要であることを指摘した。国連貿易開発会議(UNCTAD)によれば、毎年4兆ドル(約600兆円)の投資ニーズがあり、投資家は金融、環境、社会的リターンにアクセスするための投資チャンネルをますます模索している。

JPモルガンとナティシスの代表が共同議長を務めるタスクフォースは、本イニシアティブは、開発ギャップが最も大きい国・地域の企業体やソブリンが、持続可能な資本プールにアクセスするために必要な情報開示の欠如に対処するためのものであり、投資家や金融機関が資本を持続可能な投資に振り向ける助けにもなると述べた。

タスクフォースは2023年4月に召集され、既存の非財務情報開示基準を活用するよう設計された自主的なガイダンスを設定した。本ガイダンスは、企業が、それぞれの地域の状況に最も関連する開発課題への取り組みに向けた漸進的な貢献の意図を概説する目標を設定し、これらの目標達成に向けた進捗状況を監視・報告することを支援するものである。同グループはまた、このような企業レベルのインパクト情報を普及・分析するためのメカニズムを確立するつもりだと述べた。

タスクフォースは、自主的なガイダンスを適用することで、「投資判断に必要な有益なデータを提供し、持続可能な金融機関にとってバランスシート全体がより魅力的なものになる」と述べる。

タスクフォースは、最大のSDGsギャップに直面している経済圏や、サステナビリティ開示に関する規制ガイダンスのない国・地域で事業を行う企業を主な対象としているが、本ガイダンスはすべての国・地域の企業やソブリンが利用できると指摘している。

タスクフォースに参加している企業には、アムンディ、アクサ・インベストメント・マネージャーズ、バンク・オブ・アメリカ、ブレイロック・ヴァン、ブルーマーク、ブルーオーチャード、ケベック州金融公社(CDPQ)、シティ、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント、J.P.モルガン・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク、モーニングスター・サステナリティクス、ナティシス・コーポレート・アンド・インベストメント・バンキング、ナティシス・インベストメント・マネージャーズ、ピクテ・アセット・マネジメント、ソシエテ・ジェネラル、スタンダードチャータードが含まれる。

タスクフォースは、2024年4月に公開協議のためのガイダンスを完成させることを目指していると述べた。

【参照ページ】
(原文)Impact Disclosure Taskforce Created to Scale Financing of the United Nations Sustainable Development Goals
(日本語参考訳)主要金融機関、インパクト開示タスクフォースを発足

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る