欧州小売大手6社、ブラジル産・JBS産の牛肉販売の全面的中止を発表

12月15日、ベルギー、フランス、オランダ、英国のスーパーマーケット・チェーンは、ブラジルで急増する森林破壊とその関連性を示す新たな調査結果を受け、ブラジル産牛肉や世界最大の牛肉会社JBSと提携した牛肉製品の販売を全面的に中止すると発表した。

この動きは、Repórter Brasilが国際環境NGOであるMighty Earthと共同で行った新たな調査によるもので、ビーフジャーキー、コンビーフ、新鮮なプライムカットといった形でヨーロッパの小売店の棚に並ぶ、森林破壊に関連した牛肉を追跡調査した結果、明らかになったものである。

年間500億ドルの売上高を誇るJBSは、世界最大の牛肉生産者であり、ブラジル国内だけで1日に約3万5千頭の牛を屠畜している。しかしながら、この4月、Mighty Earthは森林破壊データの最新分析結果を発表し、JBSが食肉加工業者として最悪の結果を出していることを明らかにした。過去2年間で10万ヘクタールの皆伐につながったという。このうち約75%は保護区内で発生しており、ブラジルの法律では違法となる可能性がある。また、生産地を偽る「キャトルロンダリング」が行われている証拠も明らかになった。

本調査によると、過去1年間で、ブラジル・アマゾンは過去15年間で最悪の森林破壊レベルを記録しており、科学者たちは、アマゾンとセラードの伐採地の3分の2が牛の放牧地に転換されたと推定している。

【参照ページ】
(原文)Supermarkets Across Europe Drop Brazilian Beef Over Deforestation Linked to Meat Giant JBS
(日本語訳)欧州小売大手6社、ブラジル産・JBS産の牛肉販売の全面的中止を発表

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る