欧州委員会、新たな人事戦略を採択。3つの優先事項に焦点

4月5日、欧州委員会は、新たな人事戦略を採択した。本戦略は、以下3つの戦略的優先事項に焦点を当てている。

1つ目は、魅力的な職場の提供である。本戦略は、家族にも優しい労働条件と魅力的な専門能力開発の視点を備えた、包括的で持続可能かつ柔軟な労働環境をすべての人に提供することを目的としている。本戦略を通じ、差別のない、包括的でジェンダーバランスのとれた、障害者が利用しやすい労働環境を積極的に推進する。

また、ブリュッセルおよびその他の欧州委員会施設からの排出をさらに削減することで、加盟国でのプレゼンスの維持と市民への働きかけの必要性を損なうことなく、よりスマートで環境に優しい出張政策を行う。通勤に持続可能な交通手段の利用を増やすよう職員に奨励し、社用車をEVに置き換える。

2つ目は、より迅速で機動的な選考と採用である。欧州委員会は、欧州人事選考事務所と協力して、外部および内部の候補者に対して、近代的で迅速、かつ柔軟な選考・採用手続きを導入する。その目的は、最も優秀で適切な人材を選び、多様な背景を持つ応募者に対して公平な競争の場を確保し、社内の人材を確保することにある。また、欧州委員会は、職員の地理的なバランスを改善するために、欧州連合(EU)加盟国との協力も行っていく。

3つ目は、キャリア観の強化である。新しい人事戦略では、あらゆるレベル、あらゆる職場で内外の流動性を促進することにより、職員のキャリア観の強化を図る。キャリアガイダンス、メンタリング、コーチング、ヘッドハンティングも再編成・強化される。

3つの優先事項は、第4の分野横断的な優先事項である人事サービスの合理化・手続きの簡素化・デジタル化・スピードアップによってサポートされる。

【参照ページ】
The Commission presents a new Human Resources Strategy to attract top talent from all Member States and deliver on priorities as well as a Communication on Greening to become climate-neutral by 2030

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る