TBM、インドネシアの化粧品容器成形メーカー最大手の PT. Kemas Indah Maju とLIMEX Pelletの販売契約を締結

TBM、インドネシアの化粧品容器成形メーカー最大手の PT. Kemas Indah Maju とLIMEX Pelletの販売契約を締結

12月8日、株式会社 TBMは、インドネシアの化粧品容器成形メーカー最大手であるPT. Kemas Indah Majuと化粧品容器向け「LIMEX Pellet(ライメックスペレット)」の射出成形グレードの販売契約を締結したことを発表した。

LIMEXとは、炭酸カルシウムなど無機物を 50%以上含む、無機フィラー分散系の複合素材のことで、世界 40 ヶ国以上で特許を取得しており、COP や G20 の国際会議で紹介される他、日本の優れた技術として、UNIDO(国際連合工業開発機関)のサステナブル技術普及プラットフォームに登録されている。特徴としては、主原料が石灰石のため資源輸入国である日本においても自給率 100%の資源であることや一般的なプラスチックと比較して、同体積の焼却時にCO2を58%排出削減できること、価格の変動が少ないため安定した価格で提供することが可能であること、ライフサイクルアセスメントという科学的分析手法を用いて、製品のライフサイクルにおける環境影響を算定し素材開発に活用できることなどが挙げられる。

今般、販売契約が締結されたLIMEX Pellet は、石油由来プラスチックと比較し、石油由来プラスチックの使用量を最大 37%削減することができ、気候変動の要因となる CO2排出量を最大 28%抑えることができる。LIMEX を用いることによって、多くの化粧品容器に使用される ABS 樹脂やポリプロピレン(PP)の代替素材として活用することが可能になる。

TBMは今後、LIMEX Pellet が使用された化粧品容器の普及を通じて、化粧品業界が抱える環境問題解決に向けて貢献していくとしている。

【参照ページ】
TBM、インドネシアの化粧品容器成形メーカー最大手の PT. Kemas Indah Maju とLIMEX Pellet(射出成形グレード)の販売契約を締結

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る