シンガポール証券取引所、気候と多様性に関する情報開示の義務化を発表

シンガポール証券取引所、気候と多様性に関する情報開示の義務化を発表

シンガポール証券取引所(SGX)は、気候に関する情報開示の義務化に向けたロードマップや、取締役会の多様性に関する方針と進捗状況の報告など、発行体のサステナビリティと透明性に関連する新規則を発表した。

この新規則は、8月にSGXが開始したコンサルテーションを受けたもので、金融機関や投資家、その他の主要なステークホルダーから気候関連の情報開示を求める声が高まっていることや、コーポレートファイナンスのリーダーや投資家が持続可能性報告の義務化を支持する声が高まっていることを理由としている。

SGXの新しいロードマップによると、すべての発行体は、2022年度から気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の勧告に基づく気候関連情報の開示を「遵守または説明」ベースで開始することになっており、金融、農業、食品、林産物、エネルギーセクターの発行体は2023年から報告を義務付けることになっている。材料・建築物、運輸セクターの発行体は、2024年から気候に関する報告の義務化を開始する。

また、2022年以降すべての発行体は、性別、スキル、経験などをカバーする取締役会の多様性ポリシーを設定し、多様性の目標、計画、スケジュール、進捗状況などの詳細を年次報告書に記載することが求められる。サステナビリティレポートは、発行者が保証を行っている場合を除き、アニュアルレポートと一緒に発行されることが期待される。

また、SGXはすべての会社の取締役に対して、サステナビリティに関する1回限りの研修を受けることを義務付ける予定だ。

【参照ページ】
(原文)SGX mandates climate and board diversity disclosures
(日本語訳)シンガポール証券取引所、気候と多様性に関する情報開示の義務化を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る