廃棄物からリサイクル可能なプラスチックを扱うUBQマテリアルズ、インパクト投資ファンドから約193億円を調達

廃棄物からリサイクル可能なプラスチックを扱うUBQマテリアルズ、インパクト投資ファンドから約193億円を調達

廃棄物からリサイクル可能なプラスチックを扱うスタートアップのUBQマテリアルズは、TPGのグローバルなインパクト投資プラットフォームであるTPG Riseが主導する資金調達ラウンドで、1億7000万ドル(約193億円)を調達したことを発表しました。今回の投資は、UBQマテリアルズのグローバル展開のための資金として活用される。

2012年に設立されたUBQマテリアルズは、変換技術を開発し、分別されていない家庭ごみから作られた世界初のバイオベースの熱可塑性プラスチック「UBQ」の特許を取得した。このソリューションは、プラスチック、木材、コンクリートに代わる持続可能な素材であり、建設、自動車、物流、小売、3Dプリンティング業界の最終製品のカーボンフットプリントを相殺するために、単独で、または石油由来の樹脂と一緒に使用することができる。

UBQによると、現在年間20億トン以上の都市固形廃棄物(MSW)が発生しており、その70%以上が埋立地で処理されていることで、人間にとって3番目に大きなメタンの発生源になっているという。UBQが1トン生産されるごとに、このソリューションは12トンものCO₂換算量が環境に流入するのを防ぐことができる。

今回の投資は、2022年末までに稼働予定のオランダの大規模施設を皮切りに、拡大する需要に対応するためのグローバルな事業拡大のための資金として、また認証取得を進めるための継続的な研究や新製品の研究開発のための資金として使用される。

TPGの投資は、同社の気候変動投資ファンドであるTPG Rise Climateと、インパクト投資ファンドであるThe Rise Fundを通じて行われ、既存の投資家であるBattery Venturesや、英国の投資家であるM&G Catalyst strategyも参加している。

【参照ページ】
(原文)UBQ Materials Raises $170 Million!
(日本語訳)廃棄物からリサイクル可能なプラスチックを扱うUBQマテリアルズ、TPGなどから約190億円を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る