AmazonとStellantis、車両向けアプリケーション「STLA SmartCockpit」の開発を発表

AmazonとStellantis、車両向けアプリケーション「STLA SmartCockpit」の開発を発表

1月5日、AmazonとStellantisは、車両向けのアプリケーションの開発・運営を導入する一連のグローバルな複数年契約を発表した。今回の協働で開発するのは、Stellantisの車両向けアプリケーション「STLA SmartCockpit」である。

Stellantisは、アマゾンデバイス、アマゾンウェブサービス(AWS)、アマゾンラストマイルを含むこの関係を通じて、持続可能なモビリティテック企業へのシフトを加速させる。 AmazonとStellantisは、車両開発、コネクテッドカー体験の構築、次世代の自動車ソフトウェアエンジニアの育成など、アマゾンのテクノロジーとソフトウェアの専門知識を Stellantisの組織全体に展開していく。

両社の協働により、 Amazon のデジタル体験、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)、機械学習におけるリーダーシップとイノベーション、 Stellantisの自動車工学の卓越性と14の象徴的な車両ブランドのポートフォリオが融合されることとなる。

STLA SmartCockpitの開発作業は、2021年にStellantisとFoxconnが設立した合弁会社Mobile Driveを活用し、画期的なデジタルコックピットやパーソナライズされたコネクテッドサービスを開発する。すでに両社は、ソフトウェア開発とテスト、高性能シミュレーション、機械学習モデルのトレーニング、データ収集と分析を管理する自動ワークフローを提供する「Virtual Engineering Workbench」というクラウドベースの製品開発環境の構築を進めている。

また、The Climate Pledgeと2040年までにネット・ゼロ・カーボンになるというコミットメントを支援するため、新しい持続可能なソリューションでラストマイル事業を変革しているAmazonは、Stellantisとの別契約の一環として、Stellantisが2023年に発売する新しいラム・プロマスター・バッテリー電気自動車(BEV)の最初の商用顧客となる。AmazonとStellantisは、現在の関係を基に、長期契約の一環として毎年数千台のBEVを走らせる予定である。

【参照ページ】
(原文)Amazon and Stellantis Collaborate to Introduce Customer-Centric Connected Experiences Across Millions of Vehicles, Helping Accelerate Stellantis’ Software Transformation
(日本語訳)AmazonとStellantis、車両向けアプリケーション「STLA SmartCockpit」の開発を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る