RWEとタタ・スチール、グリーン産業革命とウェールズにおける洋上風力発電を支援する新たなパートナーシップを締結

6月29日、ウェールズ最大の電力会社であるRWEは、ケルト海でのプロジェクトで使用されるハイテク浮体式風力発電の基礎や構造物に使用可能な鉄鋼部品の生産を理解・検討するため、タタ・スチールと新しいパートナーシップを締結した。

業界のリーダーである両社は、ケルト海でのギガワット規模の浮体式洋上風力発電プロジェクトにおいて、タタ・スチールから供給可能な浮体式風力発電技術の鋼材を特定するために協力する予定だ。本協定により、両社は知識と専門性を共有し、より広範な産業の脱炭素化とウェールズの経済発展を支援するという共通のコミットメントを示すことができるようになる。

RWEは、クラウン・エステートの今後のリースラウンドの一環として、ケルト海にギガワットスケールの浮体式風力発電プロジェクトのパイプラインを展開することを提案している。このプロジェクトが成功すれば、RWEの革新的な脱炭素ハブであるペンブロークネットゼロセンターの主要な部分を形成し、RWEのあらゆる分野の脱炭素ノウハウを集約して、南ウェールズにおけるネットゼロへの移行をサポートすることになる。

この協定により、両社はケルト海のリースプロセスの一環として、必要に応じてクラウン・エステートに技術支援や専門知識を提供することが可能になる。

【参照ページ】
(原文)RWE and Tata Steel enter new partnership to support green industrial revolution and offshore wind power generation in Wales
(日本語訳)RWEとタタ・スチール、グリーン産業革命とウェールズにおける洋上風力発電を支援する新たなパートナーシップを締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る