Pernod Ricard、消費者の責任ある選択を促す先駆的なグローバル・デジタル・ラベル・ソリューションを開始

6月27日、Pernod Ricardは、業界における積極的な取り組みとして、消費者が購入する商品と責任ある飲酒について、より良い情報を提供するためのデジタルラベル・システムの立ち上げを発表した。

本取り組みは、製品の内容や健康情報についてより透明性を求める消費者の要望に、効率的な解決策を提供することを目的としている。2022年7月に欧州でパイロットプログラムを開始し、2024年までにグループの全ブランドでグローバルに展開する予定だ。

2021年、Pernod Ricardは、責任ある飲酒のための国際連盟のコミットメントを支援するため、妊娠中の飲酒に対する既存の警告ロゴを補完し、未成年の飲酒と飲酒運転に対する2つの警告ピクトグラムをパッケージに追加することを発表した。そして今回、製品と健康に関する情報提供の面で、さらに一歩進んだ取り組みが行われた。Pernod Ricardの各ブランドのボトルの裏ラベルには、近々QRコードが表示される予定だ。スマートフォンで読み取ると、消費者は各商品の以下のような関連情報がわかるプラットフォームにアクセスできるようになる。

Pernod Ricardが欧州ワイン・スピリッツ協会と共同で提供する成分表と栄養成分表
②アルコールの消費に関連する健康リスクに関する情報、および自国での関連情報の入手先
③自国の政府当局が発行する責任ある飲酒のガイドライン(標準的な飲み物や飲んではいけない人についての情報、消費者情報サイトへのリンクなど)

これらのコンテンツは、国によって異なる飲酒に関するガイドラインなど、地域の特性に合わせ、現地の言語で表示される予定だという。

【参照ページ】
(原文)Pernod Ricard launches a pioneering global digital label solution to foster responsible consumer choices
(日本語訳)Pernod Ricard、消費者の責任ある選択を促す先駆的なグローバル・デジタル・ラベル・ソリューションを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る