中国政府、カーボンニュートラル政策の具体案を発表

landscape photo of night city

10月24日、中国政府はカーボンニュートラル政策の具体案を発表した。今回の発表は、習近平氏を中心とする党中央委員会が行った重大な戦略的決定であり、2025年、2030年、2060年の以下3段階でのゴールが発表された。

2025年までには、グリーン、低炭素、循環型発展の経済システムが最初に形作られ、主要産業のエネルギー使用効率が大幅に改善される想定。 単位GDPあたりのエネルギー消費量は2020年に比べて13.5%、単位GDPあたりの二酸化炭素排出量は2020年に比べて18%減少し、非化石エネルギー消費の割合は約20%に達し、森林被覆率は24.1%、森林蓄積量は180億立方メートルに達し、カーボンピーキングとカーボンニュートラルを達成するための強固な基盤が築かれるとしている。

2030年までには、経済・社会発展の全体的なグリーン転換が大きな成果を上げ、主要なエネルギー消費産業のエネルギー利用効率が国際的な先進レベルに達することを目指す。 単位GDPあたりのエネルギー消費量は大幅に減少し、単位GDPあたりの二酸化炭素排出量も2005年に比べて65%以上減少。非化石エネルギー消費量の割合は約25%に達し、風力・太陽光発電の総設備容量は12億キロワット以上に達する想定。森林被覆率は約25%に達し、森林蓄積量は190億立方メートルに達し、二酸化炭素排出量はピークに達した後、着実に減少することを想定している。

2060年までには、グリーン、低炭素、循環型発展の経済システムと、クリーン、低炭素、安全、効率的なエネルギーシステムが完全に確立される。エネルギー利用効率が国際的な先進レベルに、そして非化石エネルギー消費の割合が80%以上に達し、カーボンニュートラルの目標が達成と人と自然が調和した共存の新領域が創造されるとした。

【参照ページ】
(原文)中共中央 国务院关于完整准确全面贯彻新发展理念做好碳达峰碳中和工作的意见
(日本語訳)中国共産党中央委員会および国務院の、新発展概念の完全かつ正確な実施とカーボンニュートラル・カーボンピーキングの作業に関する意見

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る