LGIM、収入格差が英国のカーボンニュートラルの障壁になるとする調査結果を発表

big ben bridge castle city

10月20日、英保険大手LGIMの最新版の一部として発表された最新の調査結果によると、家庭レベルでのクリーンでグリーンな技術への移行において、裕福でないコミュニティが取り残されるリスクがあることが判明した。

同社の最新の調査によると、年収2万ポンド(約300万円)以下の世帯は、年収4万ポンド(約600万円)以上の高所得世帯に比べて、環境技術の導入が大幅に遅れており、英国では、気候変動への移行を富裕層だけに限定することで、ネット・ゼロ計画を頓挫させる危険性があるとした。

具体的に高所得世帯は、低所得世帯(それぞれ8%、4%、44%)に比べて、自宅に再生可能エネルギー源を設置している(20%)、EVを運転している(18%)、自宅にスマートメーターを設置している(53%)、といった差が産まれている。

本調査では、個別世帯の努力に頼るのではなく、政府・自治体・家庭側のコストを政府が負担し、コミュニティ単位での転換を進める必要があるとしている。

【参照ページ】
(原文)Household inequalities threaten UK target of Net Zero emissions by 2050
(日本語訳)2050年までに排出量をゼロにするという英国の目標を脅かす家庭の不平等

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る