Manulife、約671億円の炭素クレジットに特化した森林ファンドを立ち上げ

Manulife、約671億円の炭素クレジットに特化した森林ファンドを立ち上げ

12月1日、Manulife Financialのグローバルな資産運用ビジネスであるManulife Investment Managementは、投資家に自然と気候変動緩和への投資機会を提供し、炭素クレジットを通じて価値を提供することを目的とした「マニュライフ森林気候基金」を立ち上げると発表した。

Manulifeは、コミットメント資金5億ドル(約671億円)を目標とする本ファンドが、持続可能な方法で管理された森林資産に世界的に分散投資し、木材生産よりも炭素隔離を優先させると発表している。

同社によると、本ファンドは、投資家が生物多様性や自然の喪失に対処するために、繊細な生息地の長期的な保護と修復を行うことを目的としており、持続可能な投資手法と自然に配慮した成果により、ネットニュートラル戦略を超える顧客ニーズに対応することを目的としている。

本ファンドは、持続可能な森林管理計画の実施に加え、炭素ポテンシャルが高く、保全価値の高い森林の取得に注力し、吸収による炭素インセットを追求することで、投資家に高品質の炭素クレジットを長期的に供給していく。本ファンドは、炭素クレジット、保全地役権、付加価値戦略、限定的な木材伐採を活用し、投資家にリターンを提供することを目的としている。

Manulife Forest Climate Fundは、まず米国の適格投資家に提供され、EUなど他の管轄区域の専門投資家にこの戦略への投資機会を提供することを模索する可能性があると述べている。そのために Manulifeは、本ファンドはSFDRの第9条要件に準拠するとしている。

【参考ページ】
(原文)Manulife Investment Management launches Forest Climate Fund
(日本語訳)マニュライフ・インベストメント・マネジメントが「Forest Climate Fund」を立ち上げ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る