ESGデータ&レポーティングプラットフォームFigBytes、約19.4億円の資金を調達

ESGデータ&レポーティングプラットフォームFigBytesが約19.4億円の資金を調達

11月30日、ESGデータおよび報告プラットフォームのプロバイダーであるFigbytesは、既存の投資家であるQuantum Innovation Fundからの1000万ドル(約13.4億円)の資金調達と、Silicon Valley Bankからの450万ドル(約6億円)の債務枠を含む1450万ドル(約19.4億円)の資金調達を確保したことを発表した。

オタワに拠点を置くFigBytesは、ESGインサイトプラットフォームを通じて、組織がESG目標を計画、追跡、報告できるよう支援する。このSaaSベースのプラットフォームは、炭素会計、ウォーター・スチュワードシップ、フィランソロピー、多様性、公平性、包括性などのソリューションを通じて、企業がESG目標を簡単かつコスト効率よく管理、追跡、報告することを可能にする。

FigBytes の顧客には、アカマイ、サーベラス、フォードモーター、ハーバライフ、ミネソタ州、および豊田通商が含まれている。

FigBytesによると、今回の資金調達は、同社の成長を支援し、北米、欧州、インドにおける営業・マーケティング、カスタマーサクセス、製品開発活動を拡大するために使用される予定である。同社は、2022年度の年間経常収益が200%増加したと発表している。

【参照ページ】
(原文)FigBytes raises US$14.5M in fresh capital as software firm finds its groove amid growing ESG trend
(日本語訳)ESGデータ&レポーティングプラットフォームFigBytes、約19.4億円の資金を調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る